沖縄ダイビングでマスターしたいドリフトダイビング

ダイビングをやったことのある人なら一度は耳にしたことがあるのがドリフトダイビングという手法です。ボートダイビングでは通常、ボートをアンカリングして停止してからダイビングに行くため、ダイバーは海に潜ったら元の場所に戻ってこなければなりません。しかしドリフトダイビングでは船をアンカリングせずに潮流に乗せて漂わせるため、ダイバーも潮流に乗って泳げばわざわざ飛び込んだ場所に戻らなくて済むのです。

shutterstock_365285825

ドリフトダイビングをすると波の動きや潮の流れを読まなければいけないので大変そうと思われうかもしれませんが、ドリフトダイビングならではのメリットもあるのです。まず第一に潮の流れに逆らわずにダイビングをするために疲れないということです。疲れないということは空気タンクの残圧が減りにくいということになり、より長く潜っていられるということになります。また潮の流れに沿ってダイビングをすると、同じように潮の流れる方向に泳いでいるイソマグロやマンタ、ハンマーヘッドシャークと一緒に泳げるチャンスがあります。また、潮の流れに身を任せつつも体勢を整えたり呼吸を調節することだダイバーとしてのスキルを磨くこともできます。このようにドリフトダイビングでしか味わえない魅力が存在するのです。

沖縄でドリフトダイビングを楽しめる島は渡名喜村、粟国島、与那国島です。このうち、渡名喜村と粟国島は那覇からフェリーで2時間弱で行くことができます。

渡名喜村は、慶良間諸島とは異なり那覇から少し離れているために観光地化されておらず、古くからある自然がそのままの状態で残っている景勝地です。渡名喜村には珍しい魚も多く、ダイビングポイントのナカルマではトラフザメやロウニンアジの大群を見ることができます。島のすぐ西には久米島があり、クマノミの根城になっているクマノミ城も見ることができます。また粟国島の筆ん崎は、大量のギンガメアジやカマスの群れを観察できる絶好の場所です。ウーグ浜では豊かなサンゴ礁を堪能することもできます。冬になれば、与那国島ではハンマーヘッドシャークの大群が徘徊しているのが見られます。ナポレオンフィッシュやロウニンアジなどの大型の魚や、海底遺跡を探検したいのであればぜひオススメしたい島です。

このようにドリフトダイビングでしか味わえないフィッシュウオッチングもあるので、中級者の方は沖縄の離島でドリフトダイビングに挑んでみると良いでしょう。